Category Archives: お知らせ

ポスター発表アーカイブ 2017年3月5日石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク設立記念フォーラム

Category : お知らせ , レポート

2017年3月5日石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク設立記念フォーラム

当日配布資料(PDF)をダウンロードできます。当日配付資料3月5日フォーラム_最終版

また以下に、当日のポスター発表演題と団体名の一覧を掲載します。

ポスター一覧                          

■活動紹介                                    

(1)活動団体

番号 演題 団体名
たきかわめぐり たきかわ環境フォーラム
マガレンジャー活動について 宮島沼の会・自然戦隊マガレンジャー
石狩浜海浜植物保護センターの役割と活動

について

石狩浜海浜植物保護センター
東野幌ノハナショウブ保存会の活動について 東野幌ノハナショウブ保存会
美唄銘菓「べかんべ最中」 に寄せて 水草研究会
自然復元関連事業の取り組み

~生物多様性に配慮した緑化等の事例紹介~

雪印種苗㈱ 環境緑化部緑化事業課
札幌の淡水魚パネル&指定外来種に指定されたアメリカザリガニ 札幌市豊平川さけ科学館
札幌ワイルドサーモンプロジェクトについて 札幌ワイルドサーモンプロジェクト
活動報告「次世代に残そう、石狩の自然」 NPO法人いしかり海辺ファンクラブ
10 雨竜沼湿原を愛する会について 雨竜沼湿原を愛する会
11 カラカネイトトンボを守る会の活動について 認定NPO法人カラカネイトトンボを守る会あいあい自然ネットワーク
12 新篠津ツルコケモモを守る会について 新篠津ツルコケモモを守る会
13 宮島沼の保全と再生に向けたロードマップ(案)について 宮島沼水鳥・湿地センター
14 活動紹介 ~この風景は、先人たちの労苦と英知の証しでもある~ NPO法人ふらっと南幌
15 手稲さと川探検隊の活動について 手稲さと川探検隊

(2)後援団体

番号 団体名
16 札幌開発建設部(石狩川自然再生関連)
17 公益財団法人北海道環境財団

 

 

■研究発表                                   

 

番号 演題 発表者所属 発表者氏名
18 宮島沼の底質における酸性硫酸塩土壌の空間分布特性について 北海道大学農学部土壌保全学研究室 柏木淳一
19 無線通信360度カメラを用いた

マガンモニタリング

北海道大学 農学部 山田浩之・九間啓士朗・村田祥子
番号 演題 発表者所属 発表者氏名
20 環境DNAを用いた石狩川流域の

生物多様性評価(計画)

1北海道大学農学部・動物生態学研究室、2宮島沼水鳥・湿地センター、3EnVision環境保全事務所 池山昭太1、Theodore Squires1, Jocelyn Chui1, 水本寛基1、牛山克巳2、長谷川理3、荒木仁志1
21 宮島沼における病原微生物の動態解明 北海道大学大学院工学研究院、2ミネソタ大学バイオテクノロジー研究所、3山梨大学総合分析実験センター 小林真弓1、Qian Zhang2、瀬川高弘3、石井聡2、○岡部聡1
22 富栄養化環境で問題視される新興的な

寄生虫病-最近経験された事例から

酪農学園大学獣医学類 獣医寄生虫病学ユニット 浅川満彦
23 希少化するウェットランド

日本における海岸砂丘系の分布状況

北海道大学 農学部 花卉・緑地計画学研究室 松島肇・奥山賢汰・藤原一暢・菅原峻
24 湿原に生育するスゲ属およびワタスゲ属の実生定着に及ぼす冠水と低温の影響 新潟大学農学部生産環境科学科 田中亮輔
25 宮島沼における水田からの温室効果気体放出 ~冬期湛水水田の有効性~ 1)  酪農学園大学農食環境学群環境共生学類、2)  酪農学園大学大学院酪農学研究科酪農学専攻 和泉香穂 1)、古屋美波 1)、千田幹太 2)、吉田磨 1,2)
26 宮島沼の水質形成に関するモニタリング研究 酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 水質化学研究室 北井康貴
27 遊水地造成に伴う湿地植生の再生

―千歳川流域舞鶴遊水地の事例―

北大・農,野生総研, 札幌市立大 畔柳晶仁,森本淳子, 志田祐一郎, 矢部和夫, 中村太士
28 宮島沼のマガン渡来状況の経年変動は繁殖地の環境変化に起因するのか? 北海道滝川高等学校 川越聖哉,河端千尋,小川暁史,  中川真里亜
29 海岸林に残る花畔砂堤列、融雪プール、キタホウネンエビ いしかり砂丘の風資料館 志賀健司
30 石狩川下流域でのチュウヒの生息状況について 道央鳥類調査グループ 先崎啓究
31 トンボ相による湿地環境診断方法の確立 旭丘高等学校生物部 関口絢子
32 トンボの目線から見た

水辺のランドスケープモデル

旭丘高等学校生物部 宇久村三世
33 茨戸川「とんぼの学校」におけるカワセミAlcedo atthisの人工営巣地の作成と繁殖状況について 旭丘高等学校生物部 山本郁佳
34 ネット地図サービスの航空写真による

簡易リモートセンシングの実際

新篠津ツルコケモモを守る会 齋藤央

 

 

■産業・産品                                   

 

番号 演題 団体名 発表者氏名
35 湿性植物ヤチヤナギの機能性とくらしにおける利用 道総研林業試験場緑化樹センター 脇田陽一
36 湿地調査における長靴の役割 株式会社ミツウマ 岡田秀敏
37 石狩浜に自生するハマナスの利用と再生 後藤商店 後藤芳子

(レポート)ふらっと南幌100回記念フットパス&フォーラム

Category : お知らせ , レポート

ホロムイ初夏の田園風景の広がる南幌町を町内外の人たち51名と一緒に歩きました。運河・駅逓などの町の歴史を表す場所、防風林の中などを巡りました。

フットパスのあとは南幌のおいしいお米と特産のキャベツキムチを味わい、自然・食・歴史と多方面から南幌町の魅力を知ることが出来ました。

10:00~  :集合/本フットパスの説明/SAVEJAPANプロジェクトの説明

10:10~  :フットパス 歴史の道5.5km

12:00~  :南幌ごはん試食会 白樺樹液で南幌米&南幌特産キャベツキムチ&味噌汁

13:00~16:30は講演会、車座トーク、俳句会が行われました。

主催者であるNPO法人ふらっと南幌の近藤さんより本フットパスの説明。

歩き始める前に準備運動。雲ひとつ無い晴天でした。

町の文化・発展に大きく貢献をした夕張鉄道南幌向駅。その跡地です。

明治30年頃の住居。開拓当時の苦労が伝わってきます。ふらっと南幌のスタッフによる解説で理解を深めます。

 

防風林のなかに入ります。

様々な花が咲いていました。野鳥の声も聞こえます。

生き物を探しながら田んぼを歩きました。「何かがいるぞ」と田んぼを覗いています。

幌向運河です。

最後に、幌向駅逓所跡を訪れました。鉄道が開通するまで、人々の往来の拠点として活躍をしていました。フットパス後は南幌米&南幌特産キャベツキムチ&味噌汁を美味しく味わって終了。

このイベントで得られたこと

「ふらっと南幌」が活動している南幌町周辺の夕張川流域は、かつては「幌向原野」と呼ばれ、明治~大正にかけて湿生植物研究の重要な調査拠点であったことから、実に7種類もの固有種が発見され、「ホロムイ」の和名が冠されています。

これらの希少種は開拓の歴史とともに失われていきました。一方で、開拓の歴史は町の発展の歴史でもあります。

今回のフットパスでは、開拓の苦労、その結果の今の魅力を学びました。そして、「ふらっと南幌」のフットパスのように、歴史を学びながら自然との共生を目指す取り組みの必要性を実感できました。


新篠津村 春本番の花探索

【レポート】新篠津村 春本番の花探索

5月14日に、石狩川流域湿地・水辺・海岸ネットワークが共催となった、新篠津ツルコケモモを守る会の春の探索会が行われました。

新篠津村の残存高層湿原で、イソツツジ、ホロムイツツジ、その他春の花を探索しました。
天気が心配でしたが、予報とは違い晴れた天気となりました。
集合場所から現地まで徒歩で移動し、新篠津ツルコケモモを守る会の方の解説のもと、春の花を観察しました。

実施内容

新篠津ツルコケモモを守る会の齋藤央事務局長より本探索会の説明。湿地が残るA地区、B地区の花を探しにいきます。
今回訪れた新篠津村西高倉湿地は、2015年10月に発見されました。ミズゴケ・ツルコケモモ・ヤチヤナギ・イソツツジなどの植物が自生しており、この湿地を守るために新篠津ツルコケモモを守る会が結成されました。

新篠津ツルコケモモを守る会の齋藤央事務局長より本探索会の説明

新篠津ツルコケモモを守る会の齋藤央事務局長より本探索会の説明

残存湿原A地区に向かいます。途中、道端に咲いている花についても説明がありました。

残存湿原A地区に向かいます。途中、道端に咲いている花についても説明がありました。

A地区で足元に注意しながら花探し。

A地区で足元に注意しながら花探し。

A地区で足元に注意しながら花探し。

A地区で足元に注意しながら花探し。

ワタシゲです。既に開花していました。今年は昨年よりも花が少なかったとのこと。

ワタシゲです。既に開花していました。今年は昨年よりも花が少なかったとのこと。

 

もう少しで花が咲きそうなショウジョウバカマ。あちこちですでに花が咲いていました。

もう少しで花が咲きそうなショウジョウバカマ。あちこちですでに花が咲いていました。

いざB地区へ。藪ごきをして向かいます。

いざB地区へ。藪ごきをして向かいます。

 

B地区の花を探しています。

B地区の花を探しています。

 

ホロムイツツジが見つかりました。

ホロムイツツジが見つかりました。

新篠津ツルコケモモを守る会の会員である地元の方から、このあたりの農地開発のことなどのお話がありました。また、「この場所に湿地が残っているとは思いもしなかった」とのお話も。

「この場所に湿地が残っているとは思いもしなかった」とのお話も。

約2時間半のあっという間の探索でした。


オリジナルポスターのご案内

Category : お知らせ

ネットワークでは、オリジナルポスターの販売を開始しました。

詳細


「石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク設立記念フォーラム~湿地から北海道の未来を考える」開催報告

Category : お知らせ , レポート

石狩川流域の湿地(湿原・沼・海岸)の保全に取り組む団体でネットワークを結成することになり、結成を記念したフォーラムを3月5日に開催しました。定員120名を大幅に超える230名が参加し、遠方からの参加者も多数いるなど大盛況でした。
プログラムの最初はオープニングムービー。映像を通じて、石狩川流域の湿地の魅力、現状と課題、関係者の活動、ネットワークの意義について紹介しました。基調講演では、「石狩湿原から湿地と人の未来を考える」と題し高田雅之さん(法政大学人間環境学部)に、湿地を保全していくために必要な取り組みについてお話をしていただきました。
講演のあとは、今回のフォーラムの目玉の一つ、落語・大喜利。こみゅに亭楽時男さんの落語にはじまり、ネットワーク呼びかけ団体の皆さんによる大喜利。個性満載な回答ばかりで、会場は大盛り上がりでした。最後のプログラムはポスター発表。湿地に関連する団体紹介・研究・企業の展示など40以上のポスターが展示されました。学生ポスター賞の授賞式も行い、大盛況のなかフォーラムが終了しました。

■今後の予定
4月以降は、ネットワークと各保全団体の共催でイベントを開催します。まずは下記の通り5月14日(日)に新篠津ツルコケモモを守る会による「新篠津村 春本番の花探索」が行われます。ぜひご参加ください。

<新篠津村 春本番の花探索>
●日時/2017年5月14日(日)9:00~
●集合場所/新篠津西高倉・拓新湿原(新篠津村第5地区ふれあいセンター駐車場集合)
●参加費/無料 ●持ち物/軍手(防水仕様推奨)、帽子など
●お問合せ・参加申込み/新篠津ツルコケモモを守る会:齋藤(ezg01473@nifty.com、090-5898-0475)
※このイベントは、SAVE JAPAN プロジェクトの一環で実施したものです。
SAVE JAPANプロジェクトは、全国各地の「いきものが住みやすい環境づくり」を行うプロジェクトです。環境NPOやNPO支援センター、日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜が協働で、市民参加型の体験イベントを開催します。イベントのご案内や、開催報告などをサイトに掲載していますので、ぜひご覧ください。http://savejapan-pj.net/
石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク<事務局:NPO法人北海道NPOサポートセンター内> info@ishikarigawa-net.com
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 市民活動プラザ星園201号室 TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974


3月5日石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク設立記念フォーラム~湿地から北海道の未来を考える 

Category : お知らせ

チラシ(表) チラシ(裏)

配付資料3月5日フォーラム

石狩川流域には、数十年ほど前まで広大な湿原がありました。土地の改変等によって、いまではわずかに点在する湿地(湿原・沼・海岸)に名残をとどめるのみですが、希少生物をはじめとする多様な生き物の貴重な棲み処となっています。また、かつて湿地とともに生活をしていた先祖や先住民族の文化も、その片鱗が残っているだけです。
しかしながらこの湿地の魅力と可能性は大きく、文化を継承して利活用することで、地域の活性化などの明るい未来が描けます。湿地を活かした魅力ある将来の可能性を一緒に考えませんか?

(1)日時
2017年3月5日(日) 14時~17時(13時開場)
(2)場所
札幌市社会福祉総合センター 大研修室(札幌市中央区大通西19丁目1番1号)
(3)プログラム
13:00~ :開場 ※ポスター展示あり
14:00~ :開会の挨拶
14:05~ :基調講演「石狩湿原から湿地と人の未来を考える」
講師:高田雅之氏(法政大学人間環境学部)

高田雅之氏(法政大学人間環境学部)

1958年函館市生まれ、宇都宮大学卒・北海道大学修了、北海道庁・環境庁・国立環境研究所・北海道環境科学研究センター(現北海道立総合研究機構)などを経て現在は法政大学人間環境学部にて教鞭をとる。専門は自然環境問題と景観生態学、とりわけ湿原研究とその保全に長年関心を寄せている。

近著は「湿地の博物誌」(北海道大学出版会)、日本湿地学会員。

15:00~ :オープニングムービー&しめっち大喜利
司会 MARU氏(こみゅに亭楽時男)
登壇者:ネットワーク呼びかけ団体の皆さん

MARU氏(こみゅに亭楽時男)

1962年生まれ、札幌市出身。大阪芸術大学卒業。劇団関西芸術座、大阪シナリオ学校を経て富良野塾入塾。脚本家倉本聰氏に師事。以後、札幌で放送作家として活動しながら、STVラジオ「アタックヤング」パーソナリティを務める。日本放送作家協会会員。劇団32口径主宰。舞台「時間の隙間」は、NHKFMシアターにて全国放送される。現在。radioTxT  FMドラマシティ局長。毎週土曜日(17時半~21時半)「MARUの時間」を担当。月刊誌O.toneにてエッセイ「酒とラジオと芝居と女」連載中。

16:00~ :ポスター発表
湿地等に関する活動団体、研究成果が勢ぞろいです。湿地に関連する産品・展示品もあります。

(4)定員/参加費
定員:120名  参加費:無料
(5)主催/後援など
主催:いしかり湿地ネットワーク(仮)準備会
協 力:認定NPO法人日本NPOサポートセンター
後 援:石狩市、札幌市、新篠津村、環境省北海道地方事務所、北海道開発局札幌開発建設部、北海道新聞社
(以下、予定)北海道、公益財団法人北海道環境財団
協 賛:損保ジャパン日本興亜株式会社